秘書ですこんにちわ!是非見てってください。


by 3byyv16tck
 香港から覚せい剤約2キロを密輸したとして覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などに問われた暴力団幹部で無職新井良幸被告(43)の裁判員裁判の公判が2日、東京地裁であった。

 検察側証人として共犯の男2人が出廷したが、ともに証言を拒否。このため、初公判前に行われた2人の証人尋問の速記録が約3時間にわたり朗読された。

 この日の証人尋問では、新井被告の指示で香港からの「運び屋」を務めた受刑者(43)(懲役8年などが確定)と、共犯の元暴力団員中林厚被告(61)(上告中)が、法廷でうそをつかないという宣誓を拒否、そのまま退廷した。

 そこで、検察側は、昨年12月に非公開で行った証人尋問の調書を証拠として提出し、2人の証言を再現した。検察側は、2人が暴力団幹部である新井被告の前で証言するのは心理的負担が大きいとして、事前の証人尋問を同地裁に請求して、認められていた。

 調書は一問一答形式で、検察官席の検事4人が、それぞれ裁判官、検察官、弁護人、証人の役を担当し、順次、立ち上がって朗読。運び屋役の検察官は、税関で覚せい剤が発見された時の気持ちについて、「あーやられたー、と思いましたねぇ」と抑揚を付けて読み上げた。

<中2自殺>市教委がメモ公開 いじめの有無「確認できず」(毎日新聞)
貿易会社社長を書類送検=北朝鮮と韓国を無許可仲介−大阪府警(時事通信)
日常着は世界に誇る文化 TGCチーフプロデューサー・永谷亜矢子(産経新聞)
<小林氏陣営違法献金>北教組幹部ら4人逮捕 札幌地検(毎日新聞)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-03-09 05:04
 高配当を誘い文句に出資金をだまし取られたとして、川崎市内の母娘が、カレーチェーン「バルチックカレー」を運営していた「バルチック・システム」(解散)などに損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、東京地裁であった。

 布施雄士裁判官は「出資金を運用した事実はなく、投資名目で金をだまし取った」として、請求通り計約1億7800万円の支払いを命じた。同社は2月、金融商品取引法違反(無登録)容疑で警視庁の捜索を受けている。

 判決によると、同社は2006年8月、「カレーチェーンを中国で事業展開する。オリンピックや万博があるから間違いなく成功する」などと出資を勧誘。母娘は計1億6250万円を出資したが、配当は132万円だった。

津波到着なら、28日午後以降=チリ大地震で気象庁(時事通信)
【Web】奈良県民はネット犯罪に強い?(産経新聞)
成田「団結小屋」撤去と土地明け渡し判決(読売新聞)
<病気腎移植>臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 俳優・佐藤B作さん(61)(産経新聞)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-03-07 19:02
 【リオデジャネイロ支局】米地質調査所(USGS)によると、南米チリで27日午前3時34分(日本時間27日午後3時34分)、マグニチュード(M)8・5の強い地震があった。

 震源は首都サンティアゴの南南西約340キロで、震源の深さは約55キロ・メートル。ロイター通信によると、サンティアゴでも建物が揺れ、停電が起きているという。

<気象庁長期予報>春の訪れ早い見込み(毎日新聞)
きょう午後に集中審議 自民は予算組み替え動議提出へ(産経新聞)
日本航空 女性スタッフで「ひなまつりフライト」運航(毎日新聞)
商店にミニパト衝突、原因は巡査長の居眠り(読売新聞)
1月税収9%減=ボーナス減少響く−財務省(時事通信)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-03-06 01:37
 1日午前8時20分頃、埼玉県秩父市荒川上田野の国道140号で、同市荒川久那、無職諸松平さん(102)の3輪バイクが転倒し、諸さんは頭を強く打って間もなく死亡した。

 秩父署の発表などによると、諸さんは自宅から約2キロ離れた農協直売所から帰る途中だった。現場はほぼ直線道路で、バイクは左にそれて道路左脇に置かれていたコンクリート製の台(高さ約30センチ、縦横約60センチ)に衝突したという。

 諸さんは妻(98)、長男(61)と3人暮らしで、普段からバイクで買い物に出かけるなど、元気だったという。

無料屋形船の運航中止=マラソン応援、津波警戒で−東京(時事通信)
中2自殺 市教委がメモ公開 いじめの有無「確認できず」(毎日新聞)
原中氏が選対事務所開き―日医会長選(医療介護CBニュース)
郵政ファミリー企業「聖域なく見直す」亀井氏(読売新聞)
<皇太子さま>「楽しんで通学」愛子さま 50歳会見(4)(毎日新聞)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-03-04 06:55
 兵庫県明石市のJR山陽線で昨年2月、線路の枕木を回収する夜間作業中に作業員1人が列車にひかれて死亡した事故で、運輸安全委員会は26日、社内規定に反し、条件が整わないうちに作業を始めたことなどが原因とする調査報告書をまとめた。作業員らへの教育の不徹底も指摘しており、管理・監督するJR西日本に対し「安全管理体制を根本的に立て直すことが必要」との所見をつけた。

 報告書によると、作業はJR西の社員と工事請負会社の作業員計10人が担当。現場は4線が並行して走っており、男性作業員(74)がいた線路の両脇を貨物列車と快速列車がほぼ同時刻に通過。作業員は快速列車にはねられ死亡した。

 JR西の社内規定では、隣接する2線のうち1線で列車が来ないことを確認する「線路閉鎖手続き」を行った上で同社に工事の着手承認を受けなければ作業を始められないことになっている。ところが、当日の午前中に追加作業の依頼を受けていたことから、現場を指揮する工事請負会社の責任者(60)は、2人いる見張員を両脇の2線に一人ずつ配置すれば作業は可能と判断。着手承認を受けないまま、予定より30分以上早く作業に取りかかり、両脇を列車が通過する事態を招いた。

 調査報告書は、請負会社の現場責任者が、見張りの方法や作業開始条件について誤解していた可能性を指摘。作業工程を変更する場合に必要なJR西の監督者との打ち合わせも「作業区間は変わらないから」との理由で行われなかったことも判明しており、「報告を行いやすい環境を整えることが重要」と職場環境改善の必要性にも触れた。

【関連記事】
「資料あれば報告書変わった」福知山線脱線で元事故調委員
JR西日本と「4・25ネット」が合同で事故原因検討会立ち上げへ
報告書漏洩問題でJR西が事故被害者に説明会
JR西漏洩問題 「報告書への影響なし」内部調査結果
運輸安全委員「脇甘かった」 JR福知山線事故の報告書漏洩問題

水道工事業者がお手柄 秋川消防署が感謝状(産経新聞)
競泳「銅」の源純夏氏、参院選自民から出馬へ(読売新聞)
“お宝”必至 限定「SUGOCA」相次ぎ登場(産経新聞)
<強盗>パチンコ店から2人組1300万円奪い逃走 茨城(毎日新聞)
大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-03-03 00:06