秘書ですこんにちわ!是非見てってください。


by 3byyv16tck
 JR福知山線脱線事故の調査報告書漏えい問題で、被害者が参加した国土交通省運輸安全委員会(旧航空・鉄道事故調査委員会)の検証チームの会合が19日、大阪市内で開かれ、JR西日本幹部が「時間が足りず、報告書の事前入手を図った」などと述べたヒアリング結果が報告された。
 検証チームは山崎正夫前社長ら同社幹部4人と、事故調委員ら9人から聴取。JR側は事故調側に接触した理由として「最終報告書案に対する意見書の提出期限が1週間で、作業時間が足りなかった」と説明。事故調側からも同様の指摘があったという。 

【関連ニュース】
着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」
JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」
「脱線事故忘れないで」=負傷者ら、駅でしおり配布
検察官役弁護士を追加指定=JR福知山線脱線事故
元運輸部長2人、再び不起訴=JR西福知山線事故

両陛下が「桜保存林」ご視察(産経新聞)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕−福岡県警(時事通信)
<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
<水死>75歳男性、揖斐川で投網漁中 岐阜(毎日新聞)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-04-23 09:08
 阪神タイガースの元内野手で、野球解説者の掛布雅之さん(54)の大阪府豊中市の自宅について、大阪地裁が競売開始を決定したことがわかった。

 掛布さんは事業資金の返済に行き詰まっているとされ、テレビやタンスなど動産計13点の競売も決定している。兵庫県尼崎市の金融機関が競売を申し立て、3月31日に開始決定が出た。豊中市も2月に自宅を差し押さえている。

転落 2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
<女児重体>体にあざの3歳児が意識不明 虐待の可能性も(毎日新聞)
TOSHIが関係していたホームオブハートと元参加者が和解(産経新聞)
国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭(産経新聞)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-04-20 16:36
 坊城としあつさん88歳(ぼうじょう・としあつ<本名・坊城俊厚=ぼうじょう・としあつ>日本伝統俳句協会理事長、俳人)10日、脳梗塞(こうそく)のため死去。葬儀は16日午前10時、東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場。自宅は同区初台2の23の15。喪主は妻中子(なかこ)さん。

 俳誌「ホトトギス」同人。作品に「坊城としあつ句集」。

一部無罪判決に検察側控訴=常磐道引きずり死−水戸地検(時事通信)
盗難バイクの情報提供へ…転売防止で大阪府警(読売新聞)
<切断両腕>諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)
広島女児殺害 差し戻し控訴審始まる(産経新聞)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-04-14 15:25
 北朝鮮から韓国に亡命し、来日していた黄長(ファンジャン)ヨプ元朝鮮労働党書記が8日、成田空港から韓国に帰国した。(ヨプは火ヘンに「華」)

 黄氏は今月4日、1997年の亡命後に初めて来日。中井拉致問題担当相や拉致被害者家族会と面会し、意見交換を行ったが、拉致問題については新情報はもたらさなかった。政府関係者によると、黄氏は拉致問題について韓国世論との温度差に触れ、「日本でここまで大きな問題になっているとは想像していなかった」と話したという。

鬼太郎宝くじ1日発売、漫画主人公登場は初(産経新聞)
黄氏、拉致を「反省」 担当相・家族会と懇談(産経新聞)
<山崎宇宙飛行士>ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)
ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)
民主、競輪トップ選手の長塚氏を参院選候補に擁立へ(スポーツ報知)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-04-09 03:38
 あらゆる組織や臓器の細胞になることができるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、肝臓の細胞を高い効率で作り出すことに成功したと、医薬基盤研究所(大阪府茨木市)と大阪大の研究チームが5日、明らかにした。これまでもiPS細胞からの肝臓細胞の作製は報告されているが、効率は1〜3割にとどまっており、高効率化が求められていた。高い純度の肝臓細胞ができたことで、新薬創出への応用が期待される。

 肝臓細胞は従来、培養液中のiPS細胞にタンパク質を加える手法で作られていた。基盤研の水口裕之チーフプロジェクトリーダーらの研究チームはウイルスを“運び屋”として利用し、iPS細胞に2種類の遺伝子を順番に導入することで、生成される細胞の8〜9割を肝臓細胞にすることに成功した。

 肝臓細胞は新薬開発の際に効果や毒性を確かめるために使われるが、これまでは生体から採取した肝臓細胞が使われており、高価で性質も十分ではなかった。ヒトiPS細胞から効率的に肝臓細胞を作り出せれば、新薬開発に大きく貢献できると見込まれている。

 基盤研の川端健二プロジェクトリーダーは「より完全に成熟した肝臓細胞への分化を目指し、製薬企業などに安定的に供給できるよう、研究を進めたい」と話している。

【関連記事】
培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損
iPS細胞から「腸」成功、臓器で初 奈良県立医大
ガン化を回避 iPS経由せずマウス尾から神経細胞を直接作製 
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初
iPS細胞使用の倫理性について論説発表 京大准教授ら
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<東京地検>立川支部検事を減給処分 被害女性と不適切交際(毎日新聞)
平沼・与謝野新党に各党は冷ややかな反応(産経新聞)
「残念、無念の一言」=長官銃撃時効で幹部−警視庁(時事通信)
「参院選後は政界再編」=民主・渡部氏(時事通信)
発電用風車から健康に影響する低周波音(読売新聞)
[PR]
# by 3byyv16tck | 2010-04-06 02:30